文字サイズ

ヤクルト・ドラ1奥川 背番号は荒木、由規の11「ふさわしい投手になりたい」

 ヤクルトにドラフト1位指名された奥川恭伸投手(18)=星稜=が25日、金沢市内のホテルで入団交渉し、契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1600万円で仮契約した。背番号は「11」に決まった。球団では07年度ドラフトの由規(現楽天)以来となる最高条件で契約した右腕は、ともにプロ入りする大船渡・佐々木(ロッテ1位)、創志学園・西(阪神1位)ら同学年に負けない活躍を誓った。(金額は推定)

 国内最高峰の舞台でも、世代の主役は譲らない。笑みを浮かべていた奥川の表情が、きりっと引き締まった。ともにプロ入りする同学年の話題になると「負けたくない」とライバル意識を口にした。

 準優勝した夏の甲子園、そしてU18ワールドカップでも快投を続けた。同級生から“ターゲット”にされることも多いが、堂々と受けて立つ。連絡を取り合う佐々木には「いい刺激をもらってやってこられた。本当にすごいなと思った選手の一人。投げ勝ちたい気持ちが強い」とキッパリ。西や甲子園決勝で3ランを浴びた履正社・井上(阪神2位)らにも「負けたくないのは一緒ですけど、甲子園で戦ったメンバーにはそういうのは強いかな」と闘志を隠さなかった。

 最高条件での契約。出来高には最長5年程度の項目も含まれているのは異例だ。背番号「11」は、球団では荒木大輔(現日本ハム2軍監督兼投手コーチ)や由規ら、甲子園を沸かせた過去のドラ1がつけてきた。最大限の評価と期待に「偉大な先輩方がつけてきた番号。その番号にふさわしい投手になりたい。それだけ、これから頑張っていかないといけないと感じた」と覚悟はより深まった。

 現在は週4日のトレーニングを継続。秋季キャンプで見学したメニューも参考に鍛錬に励む。「一つずつやらなきゃいけないことをやっていければ」と奥川。しっかりと地に足をつけて、球界のエースを目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス