文字サイズ

メキシコが韓国から2点を先制 韓国が勝てば日本の決勝進出が決定

5回、先制2ランを放ち両手を広げるジョナサン・ジョーンズ=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「プレミア12・2次ラウンド、韓国-メキシコ」(15日、東京ドーム)

 メキシコ(A組1位)が五回に韓国(C組1位)から先制点を奪った。この試合に勝ったチームの決勝進出と東京五輪出場が決まる。

 この回、1死からサラサルが三塁内野安打、これに悪送球が加わり、二進。続く1番のジョーンズが左翼席へ3試合連続の2ランを放った。

 韓国は右アンダースローのパクは4回まで走者を背負いながらも粘りの投球で無失点投球を続けていたが、痛恨の被弾となった。

 この試合で韓国がメキシコに勝てば、日本の決勝進出が決まる。一方、メキシコが勝った場合は16日の韓国戦に持ち越しとなる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス