文字サイズ

西岡、来季も現役続行 4タコも「常にチャレンジ」

 「12球団合同トライアウト」(12日、大阪シティ信用金庫スタジアム)

 昨季まで阪神でプレーし、今季は独立リーグのBC栃木でプレーした西岡剛内野手(35)が12日、2年連続で合同トライアウトに参加。結果は2三振を含む4打数無安打でNPB復帰へのアピールとはならなかったものの、来季も現役を続行する強い意志を示した。

 「自分の中ではトライし続けている人生なので、もしNPBが無理だとしても、僕の野球人生はまだ続ける気持ちでやってます」

 地元・大阪でのプレー。「中学生ぐらいの時からこのグラウンドを使わせていただいていて」と思い出の詰まった球場で、打席に入る際には拍手と声援が巻き起こった。結果は残せなかったが、闘志が消えることはない。

 仮にNPBからのオファーがない場合、今季同様BC栃木でのプレーや、海外であれば台湾のプロ野球も選択肢となりえる。「常にチャレンジし続ける。ずっとそういう生き方をしてきましたので」。場所がどこであれ、ユニホームを脱ぐことなく白球を追い続ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス