文字サイズ

ヤクルト退団の村中「野球をやっていきたい」トライアウトで西岡を三振斬り

 プロ野球の12球団合同トライアウトが12日、大阪シティ信用金庫スタジアムで始まった。参加選手は43人。

 10年と12年、2度2桁勝利の実績があるヤクルト村中恭兵投手も参加し、シート打撃に登板。元阪神の西岡を低め直球で見逃し三振、楽天の八百板に四球、近藤に一邪飛の結果だった。

 登板を振り返り、「今やって来たことは出せたと思います。正直でるか出ないか分からなかったが、回りの方のサポートのおかげで立てた。感謝したいと思います」と安どの表情。

 昨季は3試合、今季は登板なしで戦力外通告を受けた。「スワローズで最後ふがいなく、チームに貢献できなかった。どうなるか分からないが、野球をやっていきたい。がんばっていこうと思います」とうなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス