文字サイズ

巨人・元木ヘッド鬼指導 バント失敗で“罰走”容赦なし

 「巨人秋季キャンプ」(8日、宮崎)

 巨人の元木大介ヘッドコーチ(47)が8日、実戦形式練習で鬼軍曹ぶりを発揮した。バントを失敗した選手に“罰走”を課すなど、容赦なく“カミナリ”を落とした。

 新ヘッドに就任した元木コーチが、選手のためにと心を鬼にしている。走者がいる場面を想定した打席。選手も本番のような緊張感で必死にバントしたが、失敗する場面が目立った。育成の高山がファウルした場面では、ネット裏の原タワーから「2回も3回もチャンスはないんだぞ」とゲキ。失敗後は本塁付近から右翼ポールまで全力疾走させた。

 失敗した選手には例外なく罰を与えた。山本、石川といった日本シリーズ経験者ら、実に8選手が罰走。元木ヘッドは「ミスして、もう一丁って考えてやってたら、シーズンに入ってもできっこない。試合と同じ気持ちでやってくれと言ってるし」と渋面を作った。原監督から指導法や練習プランを任されている新ヘッドが、ドSに徹して成長を促す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス