文字サイズ

「1週間で500球以内」球数制限の答申案まとまる

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回の最終会合が5日、大阪市内で行われ、第3回会合でも話し合われた「1人の1週間の総投球数を500球以内」という球数制限と、3連戦を回避する日程設定などが盛り込まれた答申案がまとめられた。

 試行期間は、来春の第92回選抜大会を含む春季大会から3年となる。答申は20日に日本高野連・八田英二会長に手渡され、日本高野連は29日の理事会で検討する方針だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス