文字サイズ

明徳VS星稜は27年ぶり 松井5敬遠以来 馬淵監督「僕は楽しみ」

 2年ぶり10度目の優勝を果たした明徳義塾・馬淵監督(右)
2枚

 「秋季高校野球四国大会・決勝、明徳義塾8-1尽誠学園」(3日、オロナミンC球場)

 決勝が行われ、明徳義塾(高知)が尽誠学園(香川)を下し、2年ぶり10度目の優勝を飾った。同校は四国地区代表として明治神宮大会に出場する。15日の初戦の相手は北信越地区代表の星稜(石川)に決まっており、“松井の5敬遠”で物議を醸した1992年夏の甲子園以来、公式戦では27年ぶりの対戦となる。

 2年ぶり10度目の四国制覇。明徳義塾の馬淵史郎監督(63)は「県3位校から優勝できた。選手たちは自信がついたと思う」と目を細めたあと、27年ぶりに実現する“因縁対決”へ視線を向けた。

 「今まで不思議と当たらなかったけど、僕は楽しみにしていますよ」

 四国代表として挑む明治神宮大会の初戦の相手は星稜だ。松井秀喜氏(元ヤンキースなど)への5打席連続敬遠によって議論を巻き起こした92年夏の甲子園2回戦以来の対戦となる。今夏の甲子園で準優勝した強敵でもあり「すごくいいチーム。歯が立たないかもしれないけど、何とか食らい付きたい」と意気込みを語った。

 この日は4番・元屋敷大誠外野手(2年)が左翼場外に2ランを放つなど、打線が12安打で8得点。エース・新地智也投手(2年)は尽誠学園打線を8安打1失点に抑え、今大会4試合、30イニングを無四球で投げ抜いた。

 2年前は明治神宮大会で優勝し、四国にセンバツの1枠をもたらした。「四国代表として恥ずかしくない試合をしたい。センバツの試金石になる大会になれば」と馬淵監督。チームの成長に確かな手応えを感じながら、星稜戦へ策を練る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス