文字サイズ

巨人・原監督 決勝点につながる失策の山本に「堂々としてろ」

 クロマティ氏(左)と話をする原監督(撮影・中田匡峻)
3枚

 巨人の原辰徳監督は、日本シリーズ2連敗スタートから一夜明けとなった21日、福岡の選手宿舎で山本泰寛内野手を激励したことを明かした。

 シリーズ第2戦の七回。三塁を守った山本が三ゴロをはじく失策。その後、松田宣が3ランを放ち、失策が決勝点へとつながった。

 原監督は、失意の山本に食事会場で「どうだ。寝つきはよかったか」と声を掛けたという。

 その際「いい経験をしているよ。この悔しさを忘れなければ、素晴らしい選手になる。負ける経験なんて簡単にはできないんだから。堂々としてろ」と諭した。

 この日、福岡から移動後の東京ドームでの全体練習では山本が三塁でノックを受け、軽快にさばく姿があった。そんな山本を指揮官はうれしそうに見守っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス