文字サイズ

沢村賞 19年ぶり該当者なし 堀内委員長「沢村賞のレベルを落としたくない」

 巨人・山口(左)と日本ハム・有原
2枚

 プロ野球創成期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が21日、東京都内で開かれ、今年は該当者なしとすることを決めた。該当者なしは、2000年以来19年ぶり5度目。

 ともに15勝を挙げた巨人・山口俊投手(32)、日本ハム・有原航平投手(27)を有力候補として議論が繰り広げられたものの、選出には至らず。堀内委員長は「よく頑張ってくれたと思うが、どうしても足りない。これ以上、沢村賞のレベルを落としたくないということで決めました」と、選考経過を説明した。

 沢村賞は先発・完投型の本格派投手のうち、最も優れた投手が対象。登板25試合以上、10完投以上、15勝以上、勝率6割以上、200投球回以上、150奪三振以上、防御率2・50以下の7項目の選考基準がある。

 山口は今季26試合に登板し15勝4敗、完投は0。勝率・789、投球回は170、188奪三振、防御率2・91。

 有原は24試合に登板し15勝8敗、1完投。勝率・652、投球回は164回1/3、161奪三振、防御率2・46。

 両者ともに、すべての基準をクリアすることはできなかった。

 昨年は巨人の菅野智之投手が基準7項目すべてをクリアして2年連続で選出されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス