文字サイズ

ソフトバンクが先勝 エース千賀がG打線をねじ伏せる グラシアルV弾

 「日本シリーズ・第1戦、ソフトバンク7-2巨人」(19日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが先勝。走攻守がかみ合い、巨人を圧倒した。3年連続日本シリーズ開幕投手となった千賀が、7回1失点の好投で勝利投手となった。

 エースの力を見せつけた。二回、1死から阿部に甘く入った152キロ直球を右翼席に運ばれたが、七回2死まで打たれた安打はその1本だけ。その七回も2死から連打で2死二、三塁とされたが、代打重信をカットボールで見逃し三振に仕留めた。八回は甲斐野、九回は森で締めた。

 打線も千賀を援護した。先制された直後の二回、グラシアルが逆転の1号2ラン。六回には中村の犠飛で加点した。さらに七回は盗塁も絡めて好機を作り、牧原の2点適時打、柳田の適時打などで4点を加え、試合を決めた。

 巨人は完敗。引退を表明している阿部の一発で勢いがつくかと思われたが、山口が6回3失点と踏ん張れず。七回は救援のマシソン、田口が崩れた。九回に大城の1号ソロで1点を返すのがやっとだった。

 ソフトバンクは日本シリーズで本拠地で13連勝となった。セ・リーグのチームはパ・リーグ本拠地で16連敗となった。

 昨年まで初戦に勝ったチームの優勝確率は64%(初戦引き分けは3度)。第2戦もヤフオクドームで行われる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス