文字サイズ

巨人・メルセデス“虎キラー”7回0封 無四球で三塁も踏ませず「攻めの投球」

 「セCSファイナルS・第2戦、巨人6-0阪神」(10日、東京ドーム)

 大舞台でも淡々とアウトを重ねた。今季2戦2勝。“虎キラー”として先発マウンドに立った巨人・メルセデスが7回3安打無失点。無四球で三塁も踏ませなかった。「攻めの投球を心がけた。結果が出てうれしい」。G党の歓声を浴び、表情を緩ませた。

 成長した姿を見せた。六回の守りを終え、ベンチで続投の意思を問われた左腕は「今日は行く」と即断。宮本投手総合コーチは「普通だったら『ああもう(いい)』って言うんだけど」と振り返り「また一皮むけたのかな」とうなずいた。

 レギュラーシーズンで課題だった突如崩れる悪癖も、顔を出さなかった。原監督は「僕の知りうる限り、最高の投球をしたと思いますね」と絶賛。菅野のCS登板回避が決定した中、育成上がりのドミニカンが会心の虎狩りを披露した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス