文字サイズ

ソフトバンク毎回の猛攻で6点リード 中村晃が先制打&2ラン!西武今井をKO

1回ソフトバンク2死一、三塁、先制の右前適時打を放つ中村晃=メットライフドーム(撮影・開出牧)
3枚

 「パCSファイナルS・第2戦、西武-ソフトバンク」(10日、メットライフドーム)

 ソフトバンク打線が毎回の猛攻を見せている。三回までに早くも6得点を奪い、リードを大きく広げた。

 初回に中村晃の適時打で先制すると、二回には牧原の犠飛で追加点を挙げた。

 そして三回は長打攻勢だ。先頭の柳田、デスパイネが連続二塁打で1点を追加。続く中村晃が打った瞬間に分かるCS1号2ランを右翼席に突き刺した。中村晃は先制打について「今日も先制点が取れて良かったです。まだ始まったばかりだし、もっと追加点を取りにいって、ピッチャーを援護していきたいです」と語っており、まさに有言実行の一発だった。

 さらに三回は高谷にも適時二塁打が飛び出した。この回一挙4点を追加したところで西武先発の今井をマウンドから引きずり下ろした。今井は2回2/3を7安打6失点と期待に応えられなかった。

 先発の武田は二回まで無失点と好投しており、試合序盤はソフトバンクが主導権をがっちり握った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス