文字サイズ

セCS、台風19号の影響で12日の巨人-阪神も中止発表 有効チケットは順次繰り下げ

試合前、12日の巨人対阪神戦の中止がアナウンスされた=東京ドーム(撮影・田中太一)
3枚

 巨人は10日、CSファイナルS阪神戦の第4戦(東京ドーム)が開催される場合、台風19号の影響で12日は試合を中止・順延すると発表した。

 大型台風の接近で当日は交通機関の計画運休等も予想されている。この日、巨人と読売新聞社が協議し、観客や関係者の安全を考慮して、中止・順延を決定した。

 CS開催がドーム球場で中止になるのはセ・リーグでは初。パ・リーグは14年10月13日、CSファーストSのオリックス-日本ハム(京セラドーム)が中止になったことがある。

 第4戦は翌日13日に順延となり、以降の試合も順次繰り下げて開催する。12日のチケットは、順延となる13日の試合で有効となる。

 また、以降の第5戦、第6戦のチケットも順次繰り下げとなり、チケット券面に記載されている日時ではなく、「第〇戦」の試合で有効となる。(詳細は球団公式ホームページに掲載)

 初戦を終えて、巨人がアドバンテージを含めて2勝0敗。第2戦、第3戦で巨人が1勝1分け以上の場合は勝ち抜けとなるため、第4戦は行われない。

 12日は台風が関東地方に接近する恐れが高まっており、ラグビーW杯の2試合が中止になるなど、スポーツ界にも影響が続出している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス