文字サイズ

王者・西武、終盤の逆転負けで初戦落とす 勝てば突破率100%も…痛恨1敗

 「パCSファイナルS・第1戦、西武4-8ソフトバンク」(9日、メットライフドーム)

 パ・リーグ王者の西武が終盤に大きく崩れ、初戦を落とした。

 1点リードの八回2死一、三塁。4番手・平良が代打・長谷川に同点の左前適時打を許し、続くグラシアルの初球を森が後逸(記録は捕逸)して勝ち越し点を献上。九回に3点を奪われ、力尽きた。

 公式戦11連勝中の先発・ニールが七回途中5安打3失点と力投。初回に松田宣の2点適時二塁打で2点を先制されたが、二回以降は立ち直った。内野ゴロの山を築き、七回にグラシアルに一発を浴びたところで降板した。

 打線は2点ビハインドの三回に中村が三遊間を破る適時打を放ち、反撃開始。続く外崎の中越え2点適時三塁打で一挙逆転。六回には山川に左中間適時二塁打が飛び出した。だが、ここまでだった。

 現行のCSとなった2008年以降、パ・リーグのファイナルS第1戦でアドバンテージを持つ1位チームが勝った場合、過去8度全てで日本シリーズに進出している。大事な一戦で完敗を喫した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス