文字サイズ

3試合ぶりスタメン復帰のソフトバンク・松田宣が先制の2点二塁打 難敵・ニール撃ち

 1回、先制の右越え2点適時二塁打を放つ松田宣浩
2枚

 「パCSファイナルS・第1戦、西武-ソフトバンク」(9日、メットライフドーム)

 スタメン復帰した松田宣浩選手の2点適時二塁打で、ソフトバンクが初回からシーズン11連勝の難敵ニールから先制に成功した。

 まずは今宮と柳田が連打。2死一、三塁となり打席が回ってきた松田宣は外角の変化球に逆らわずに対応して、打球を右中間に運んだ。一塁走者の柳田も懸命に走って本塁に生還した。

 今季の公式戦で、ニールとの対戦成績は6打数2安打。3試合ぶりの出場でいきなり結果で応えた松田宣は二塁の塁上でも笑顔はなく、集中を切らさぬよう気合のこもった表情を浮かべたままだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス