文字サイズ

明石商が8強 3安打の来田「塁に出ることを常に意識」

4打数3安打の活躍で打線をけん引した来田(撮影・永井優花)
2枚

 「秋季高校野球・兵庫大会・3回戦、明石商8-1関西学院」(21日、明石トーカロ球場)

 甲子園春夏4強の明石商が関西学院をコールドで下し、8強入りを決めた。

 今夏の甲子園準決勝・履正社戦以来の先発となったエース・中森俊介投手(2年)が、5安打を許しながらも1失点に抑える粘投で勝利に貢献した。

 初回、味方の失策でいきなり走者を背負ったが、丁寧な投球で無失点。好調なスタートを切ったかに思えたが、二回以降「キャッチャーとうまくかみ合っていなかった」と5つの四球を与えるなど、制球に苦しんだ。

 「試合の前にやっとかないといけないことなのに、名村(捕手)とのサイン交換がきちんとできていなかった」とバッテリー間での反省を口にした。

 しかし、苦しむ中森を野手陣が援護し、12安打8得点で快勝。この日、4打数3安打の活躍で打線をけん引した新主将・来田涼斗外野手(2年)は、「チームの雰囲気はいいので、塁に出ることを常に意識してこの調子で上げていけたら」と手応えを語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス