文字サイズ

ヤクルト、若手の守備未熟…逆転負けで最下位確定

 「阪神3-2ヤクルト」(18日、甲子園球場)

 好機をものにできず、守り切れずに競り負ける。「負けるべくして負けた」とヤクルト・小川監督。2年ぶりの最下位が決まった夜は、今季を象徴する試合だった。

 同点の七回2死一、二塁で、大山の三塁へのゴロをドラフト8位・吉田が後逸(記録は左前安打)。決勝点を献上した。一時は同点となる適時打など3安打を放ったルーキーだが「ああいうところを詰めていかないと意味がない」と肩を落とした。

 八回には近本のゴロをさばいた村上が、ベースカバーに入る坂本にトスをするか迷って一塁内野安打にし、「僕のミス」と認めた。若手の守備の未熟さがチームの現状を表す。「反省して、どういうプレーをするかで来年につながっていく」と指揮官。今後の希望を少しでも多く示すことが、残り6試合の命題となる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス