文字サイズ

U18日本が逆転勝ち 奥川7回18K-飯塚2回2Kでカナダから驚異の20奪三振!

7回を投げ終え、グラブを叩きベンチに戻る奥川恭伸=韓国(撮影・中田匡峻)
3枚

 「U18W杯・2次リーグ、日本5-1カナダ」(5日、機張)

 日本は2次リーグ初戦でカナダに逆転勝ち。1次リーグと合わせて5勝1敗とした。

 今大会初先発の奥川恭伸投手(星稜)が7回を投げ、2安打1失点18奪三振で交代。圧巻の奪三振ショーを演じた。

 夏の甲子園決勝以来の登板となったが、永田監督が「甲子園大会以上のピッチングをしてくれた」とうなるほどの投球内容。最速152キロの直球、鋭く変化するスライダーを軸に相手スタメン全員から、毎回三振を奪った。

 四回、2死から4番ディオダディに高めに浮いた直球を打たれ、右越えに先制ソロを被弾。だが、その後はひとりの走者も許さなかった。球数は103球(1日の球数上限は105球)となった。

 5-1となった八回から2番手には飯塚脩人投手(習志野)が登板。飯塚も2つの三振を奪い、20三振に到達した。

 打線は1点を追う五回に韮沢雄也内野手(花咲徳栄)の適時打などで逆転。七回には5四死球に敵失も絡み、無安打で3点を追加した。

 初の世界一を目指す日本は、6日に韓国と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス