文字サイズ

侍U18が米国に圧勝 坂下4打点「アメリカに勝たないと世界一を取れないと結束」

4回、2点適時打を放ち、拳を握りしめたU18日本代表・坂下翔馬(智弁学園)=韓国(撮影・中田匡峻)
2枚

 「U18W杯・1次リーグ、日本16-7米国」(1日、機張)

 日本が12安打16点の猛攻で大会4連覇中の米国を下し、1次リーグ3連勝とした。1-1の三回に打者一巡で5点を奪うと、四回にも主将の智弁学園・坂下翔馬内野手(3年)の2点打など5得点。11-7と4点差に迫られた七回には、作新学院・横山陽樹外野手(2年)が左翼へソロ本塁打を放ち、再び流れを取り戻した。

 これまで2試合無安打だった坂下は、4打数2安打4打点の活躍。「相手がアメリカということで、全員で勝つという気持ちでいった。この試合までみんなに迷惑をかけていたんで、いいところで1本出てよかった」とホッとした表情を浮かべた。

 これまで4連覇、大会通算18連勝していた米国に土を付けた。「このチームに勝たないと世界一を取れないと思って結束した。アメリカはスイングスピードも打球の速さも違う、投手陣も。すごいいいチームだった」と振り返り「今日は守備で少しミスが出たので、明日に向けて修正したい」と話した。

 七回に高校通算20号となる本塁打を放った横山は「悪い流れを断ち切ろうと、ヒットで出ようと思っていたが、ああいう形でよかった」と笑顔をみせた。「いつも以上にボールが見えていた」と集中力が生きた。前日の南アフリカ戦は出場機会がなく「昨日はスタメンで出たかったが、出られない悔しさを今日にぶつけた。また一からできることをやっていきたい」と謙虚に話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス