文字サイズ

日本ハムが近藤のセンターゴロで2点先制 1死満塁で珍しいケース

 3回1死満塁、日本ハム・大田泰示は日本ハム・近藤健介の中越え打で二塁アウトになる=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
3枚

 「オリックス-日本ハム」(25日、京セラドーム大阪)

 日本ハムが3番・近藤の“センターゴロ”で2点を先制した。

 0-0の三回1死満塁。近藤が竹安の低めの変化球をすくい上げ、打球は中堅後方へ。宗のグラブに一度入ったが、こぼれてフェンスに当たった。

 宗がフェンスに当たった打球を直接捕球したため、センターフライにも見える微妙なプレーだったが、三走・清水と二走・西川は相次いで生還。ところが、一走・大田はアウトと思い込んだのか、一塁へ帰塁しようとしたため、二塁封殺となった。

 結果として、打点2は記録されたものの、近藤には安打がつかない珍プレーとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス