文字サイズ

オリックス4連勝 3位と3差 西村監督「1つ1つ上に」

ロッテに勝利し、お立ち台でポーズをとる(左から)オリックスの福田、K-鈴木、小島=京セラドーム
3枚

 「オリックス2-1ロッテ」(18日、京セラドーム大阪)

 オリックスが継投で逃げ切って4連勝。この日、3位・楽天が日本ハムに引き分け、ゲーム差を3に縮めた。

 まずは打線。三回に福田と小島の連続タイムリーで2点を先制した。この日、8月の月間打率・344、7打点と好調だった西野が右大腿二頭筋筋損傷で出場選手登録を抹消。代わって「2番・三塁」でスタメン出場した小島がバットで存在感を示した。

 投げては、先発・K-鈴木が6回2/3を5安打1失点で今季3勝目。3番手で八回に登板した増井は相手打線を3者凡退に封じる内容。これで5年ぶり2桁となる今季10ホールド目だ。足では安達が2盗塁。これで3年ぶりにチーム100盗塁の大台に乗せた。

 同一カード3連勝で5位・ロッテと1ゲーム差に。「1つ1つ上に上がっていかないといけない。ホームで3つ勝ったのは大きかった」と西村監督。チームの確かな勢いを感じている様子だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス