文字サイズ

仙台育英「星稜の層の厚さを感じた」エース奥川を引きずり出せず

最後のキャッチボールを終え、涙を流し抱擁する仙台育英・大栄(右)と鈴木(左)=甲子園(撮影・高石航平)
2枚

 「全国高校野球選手権・準々決勝、星稜17-1仙台育英」(18日、甲子園球場)

 仙台育英(宮城)は送り出した4投手が全員失点。4本塁打を浴びて17点を失い、大敗した。

 須江航監督は「奥川君が先発するのかしないのか不穏な雰囲気の中で、今井君が期待に応えた。星稜の層の厚さを感じました」と振り返った。大量失点で奥川を引きずり出すことができず、「先発の伊藤は球は走っていたがちょっとした制球のズレを許してもらえなかった。星稜打線は凄かった」と脱帽した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス