文字サイズ

オリックス・ロメロが2打席連続適時打 三回まで3イニング連続得点

 「オリックス-ロッテ」(17日、京セラドーム大阪)

 オリックスが、ロメロの2打席連続適時打など、三回まで3イニング連続で得点を挙げリードを広げた。

 まずは初回2死二塁から4番・ロメロが左翼線への先制二塁打。これで11試合連続安打となった助っ人は「先制のタイムリーになってくれてよかったよ」と胸を張った。

 二回には2死から西浦が右中間三塁打で好機を演出すると、続く若月が左翼線への適時二塁打。さらに三回は無死一塁から吉田正が右中間への適時三塁打を放てば、続くロメロが2打席連続のタイムリーとなる左越え適時二塁打。その後、1死三塁から後藤の中犠飛で、この回3点を挙げリードを5点に広げた。

 先発・竹安は初回に1番・荻野に左前打を許したものの後続を寸断。前回登板した11日・楽天戦から中5日のマウンド。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス