文字サイズ

DeNA5連敗3位転落 ラミレス監督“決勝ミス”伊藤裕を途中交代

 「DeNA2-4広島」(16日、横浜スタジアム)

 最後まで諦めない姿勢を示したが、結果的にミスが響いた。0・5ゲーム差だった3位・広島との直接対決に敗れ、DeNAが3位転落。5連敗となりラミレス監督は「勝ったり負けたりするのが野球なので」と悔しさをかみ殺した。

 2-2の五回だ。1死から先発の井納が大瀬良に右前打で出塁を許した。暴投で1死二塁。ここで西川を二ゴロに打ち取ったかに見えたが、打球は二塁・伊藤裕が逆シングルで差し出したグラブの下を通過。中前適時打となり決勝点を許した。

 「ベストを尽くした結果なので」。指揮官はミスを責めることはなかったものの、「あれは捕ってもらえたら助かりました」と、六回の守備からルーキーをベンチに下げた。

 打線も今季の対戦防御率6・11と得意にしていた大瀬良を打ち崩せず。ラミレス監督は「六回以降、2ストライク後のフォークが増えた。あれが効果的だった」と振り返った。カード初戦は落としたが、このまま引き下がるわけにはいかない。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス