文字サイズ

仙台育英が2年ぶり3回戦へ 初回に4点で主導権握る

 1回、仙台育英・小濃は右越えにソロを放ちガッツポーズ(撮影・山口登)
3枚

 「全国高校野球選手権・2回戦、仙台育英8-5鳴門」(14日、甲子園球場)

 13安打で8点を奪った仙台育英が2年ぶりの3回戦進出を決めた。

 仙台育英は初回に先頭の中里が左二塁打で口火を切ると無死一、三塁から併殺打の間に1点を先取。2死から小濃の右中間本塁打、さらに千葉からの3連打で計4点を挙げた。1点差に追い上げられた6、7回には小刻みに加点。3投手の継投で逃げ切った。

 鳴門は4回に5安打を集めて一挙5点を挙げたが、先発の西野が打ち込まれ、5失策と守備も乱れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス