文字サイズ

日本ハム・清宮プロ初4番も…7連敗で5割に

 「日本ハム1-6ロッテ」(13日、東京ドーム)

 大抜てきも実らなかった。中田の故障離脱を受け栗山監督が4番に据えたのは打率1割台ながら前日2安打と上向きの日本ハム・清宮。しかし打線はロッテ投手陣の前に初回の1得点のみ。相変わらずの得点力不足で2年ぶりの7連敗を喫した。

 「試合前にチームを勝たせなさいということを伝えた」

 プロ入り初となる4番は四回、先頭での第2打席で左前打を放ったが、五回2死一、二塁の好機では倒れ、この日は3打数1安打1死球。清宮は「4番はチームの顔。中田さん以上の働きをしたい。抜けた穴は大きいけどカバーしたい」と語った。

 5割に逆戻り。しかし栗山監督は「ゼロから何ができるのか。どれだけ足していけるのか」。新4番を起爆剤に、再浮上を目指す。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス