文字サイズ

巨人・原監督「1点というのがね」サヨナラ負けの敗因は打線

 「広島2-1巨人」(13日、マツダスタジアム)

 巨人は今季4度目のサヨナラ負けで連勝が5でストップした。

 原監督は広島投手陣から、わずか1点しか奪えなかった打線を敗因に挙げた。「1点というのがね。守るのは非常に難しい。もう1本がでなかった」と唇をかんだ。

 難敵ジョンソンを打ちあぐねた。初回、先頭亀井、坂本勇と連続四球で出塁も丸が併殺打、岡本も打てず無得点。四回にも不安定な助っ人左腕から3四球を選んだが、2死満塁から山本が凡退した。対ジョンソンは5月4日の対戦から4戦連続で土を付けられず。

 計5安打で1点しか奪えず、広島投手陣を攻略できなかった。2位・DeNAと3差、3位・広島とは3・5差となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス