文字サイズ

智弁和歌山、大会最多タイ1イニング3本塁打で明徳圧倒 3度目対決で初勝利

 7回、右越えに勝ち越し3ランを放ち、雄たけびをあげる智弁和歌山・細川(撮影・中田匡峻)
2枚

 「全国高校野球選手権・2回戦、智弁和歌山7-1明徳義塾」(13日、甲子園球場)

 智弁和歌山(和歌山)が猛打を発揮し、2011年以来の3回戦に進出した。

 0-1の七回、細川凌平外野手(2年)が2ラン、根来塁外野手(3年)が2ラン、東妻純平捕手(3年)がソロを放ち、大会1イニング最多タイ記録となる3本塁打などで7点を奪った。

 これまでの記録は2008年に智弁和歌山(対駒大岩見沢・勝谷、坂口2)が記録していた。

 明徳義塾(高知)は五回に鈴木の中前適時打で1点を先制したが、後が続かなかった。

 智弁和歌山と明徳義塾の対戦は過去2度(02夏決勝、14春初戦)あり、いずれも明徳義塾が勝利。智弁和歌山は今大会で初勝利となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス