文字サイズ

立命館宇治は奥川登板に大盛り上がり 適時打の今野「やっと出てきた」

 「全国高校野球選手権・2回戦、星稜6-3立命館宇治」(13日、甲子園球場)

 今大会屈指の好投手・星稜(石川)の奥川恭伸投手(3年)の登板に、立命館宇治(京都)ナインもわいた。六回に星稜・2番手の寺西を攻めてベンチスタートだった奥川を登板させた。

 相手エースの姿に気押されるどころか、立命館宇治は大盛り上がり。「来たぞ!」というようなムードで士気が上がったという。登板直後の奥川から147キロの直球を打ち返し、左前適時打とした今野優斗内野手(3年)は「僕らは、奥川君を引き出して(登板させて)やろうと思っていたので、出てきた時は気合が入った。やっと出てきた、対戦できるぞという感じだった」と振り返った。

 選手らによると、バッティング練習では約140キロのマシンを1メートル前に出しいたという。今野は「奥川君の球は伸びがあった。打ったのはインコースまっすぐ」という威力のある球に負けず、バットを振り抜き1点をもぎ取った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス