文字サイズ

智弁学園 一挙7点の大逆転も涙の幕切れ…主将・坂下“日本一”の夢後輩に託す

 「全国高校野球選手権・2回戦、八戸学院光星10-8智弁学園」(12日、甲子園球場)

 智弁学園(奈良)は、八戸学院光星(青森)に敗れた。

 智弁学園の夏は、涙の幕切れとなった。ユニホームの胸文字が土で見えなくなるまで、懸命にプレーし続けた主将の坂下翔馬内野手(3年)は「みんなともっと…。野球がしたかったです」と声を詰まらせた。

 1-7で迎えた六回。坂下が右翼への二塁打で出塁し、反撃の口火を切った。1年生の4番・前川右京外野手が適時打で続くと、その後も打者10人の猛攻で、この回一挙7点。驚異の粘りで大逆転に成功し、球場は“智弁コール”に包まれた。しかし、八回に追い付かれ、九回には勝ち越しを許した。

 「自分たちの野球ができたので、悔いはないです」。強豪校の主将という重圧に耐え、3年ぶりにチームを甲子園に導いた坂下。果たせなかった“日本一”の夢は後輩たちに託された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス