文字サイズ

近江の好投手・林は初戦で涙、相棒・有馬捕手から「一人で投げさせてごめんな」

初戦敗退後、有馬に声をかけられ感極まる近江・林(右)=甲子園
3枚

 「全国高校野球選手権・2回戦、東海大相模6-1近江」(11日、甲子園球場)

 東海大相模(神奈川)が相手の失策に乗じて得点を重ね、優勝した2015年以来の初戦突破を果たした。昨夏8強の近江(滋賀)は6失策が響いた。昨夏から継続してエースとしてチームを支えた林優樹投手(3年)は相棒の有馬諒捕手(3年)から「一人で投げさせてごめんな」と声をかけられたと明かした。

 林は三回まで無安打投球だったが、四回に先制を許した。2死二塁で遊撃へのゴロを土田龍空内野手(2年)が捕り損ね、もたつく間に二塁走者の生還を許した。その後もエラーが失点につながってしまった。

 林は試合後、控え室のベンチで泣き崩れる場面もあった。帽子に「笑顔・日本一のバッテリー」という言葉を記して試合に臨んでいたという。試合を終えてから有馬とキャッチボールをした際には「一人で投げさせてごめんな」と言葉を投げかけられたことも明かした。

 その有馬は「林は最高のピッチングをしてくれた。応えられなくて申し訳ない。林と出会えて感謝しています」と吐露。「2人のベストピッチングができたと思います」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス