文字サイズ

楽天・浅村25号ソロ 今季最多4打点で3位浮上「10連戦を良い形で終われた」

 「西武7-11楽天」(8日、県営大宮球場)

 楽天・浅村栄斗内野手(28)が、攻守に活躍を見せてチームの勝利に貢献した。

 2点リードの三回には、右翼席へ運ぶ25号ソロ。ここから打線がつながり計3得点。1点差に迫られた六回2死三塁では、しぶとく右前へ運ぶ適時打を放った。同点の延長十回1死満塁では中犠飛。さらに3点を勝ち越した延長十一回1死満塁では、再び中犠飛で粘る西武にとどめを刺す追加点を挙げた。

 「前の打者が粘って回してくれたので、何とかしたかった」という思いが、今季の自身最多となる4打点につながった。さらに守備でも魅せる。

 延長十一回無死一、二塁で、森の二遊間を襲う当たりに追いつき、グラブトスで二塁ベースカバーの茂木へ。見事に併殺を完成させて、西武の反撃の芽を摘み取った。平石監督も「最後のプレーは大きかった。あそこをつながれると、西武打線はどこで火が付くか分からない」と称賛のプレーだった。

 真夏の10連戦を5勝4敗1分けで勝ち越し、3位に浮上。浅村は「上位を争うチームと戦う中で、勝ち越したのはチームにとっても大きい。10連戦を良い形で終われた」とし、平石監督も「勝てて良かった。(上位争いに)置いていかれるわけにはいかない」。優勝戦線生き残りへ、大きな勝利を手にした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス