文字サイズ

巨人原監督「小林が悪い訳じゃない」捕手交代も痛恨のバッテリーミスで4連敗

ベンチからじっとグラウンドを見つめる巨人・原辰徳監督(右奥)=横浜(撮影・出月俊成)
2枚

 「DeNA6-5巨人」(3日、横浜スタジアム)

 巨人が今季4度目の4連敗で、5カード連続の負け越し。2位DeNAに1・5差まで迫られた。

 決勝点はミスで献上した。八回、1死三塁。筒香に対し、中川が投じた初球はシュート回転がかかり内角へ。この一球を岸田が痛恨の捕逸。三塁走者の生還を許した。

 岸田は四回から小林に代わってプロ初出場。正捕手の炭谷が骨折で離脱する苦しいチーム事情で、痛いミスが出てしまった。

 ソトに3ランを浴びるなど、三回までに4失点の苦しい展開。原監督は小林の交代について「流れを変えたかったということですね。ずっと悪い流れがきているというところでね。小林が悪い訳じゃないだろうけど」と説明。その狙い通り、5点ビハインドから岡本の3ランなどで盛り返し、追いつく粘りは見せた。小林の交代が皮肉な結果となったが、バッテリーミスについては「仕方がないよね、それはね」と責めなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス