文字サイズ

楽天の守護神・松井 まさかの登板試合3戦連続黒星

 オリックスに勝ち越しを許した10回を終え、厳しい表情の楽天・松井=楽天生命パーク
1枚拡大

 「楽天6-7オリックス」(楽天生命パーク宮城)

 楽天の守護神・松井裕樹投手(23)が、まさかの登板3試合連続の黒星。今季5敗目を喫した。

 同点の九回に4番手で登板。「1イニング目はボールのコントロールも、思ったところに投げられていた」と無失点に抑える危なげない投球を見せた。

 だが、2イニング目となった延長十回2死一、二塁から、無警戒の中で重盗を許すと、宗に右前適時打を浴びて決勝点を奪われた。松井は「三盗されたところは、もう少し気を付けていれば」と悔しさをにじませた。

 イニングまたぎとなったところも「2イニング目は少し時間が空いて(制球に)ズレが出た」としたが、「仕方ないとは言えない」と守護神として敗戦の責を負った。

 これで、勝率5割となって前半戦を終了。平石監督は「彼でやられたら仕方がない。春先からずっと試合を締めてくれている。これで信頼が揺らぐならば抑えは任せていない」と、左腕への揺るぎない信頼を口にしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス