文字サイズ

日本ハム・栗山監督「勝ちきれるように俺がやります」敗戦も前向く

 「交流戦、中日6-1日本ハム」(22日、ナゴヤドーム)

 日本ハムは攻撃陣が吉見の前に3安打1得点と沈黙。先発の金子は4回6安打2失点でリーグワーストタイ5敗目を喫した。3カード連続の負け越しが決まり、栗山監督は「しっかり勝ち切れるように俺がやります」と懸命に前を向いた。

 2試合ぶりに「5番・左翼」で先発出場した清宮は、今季初の4打席連続三振。九回の先頭で迎えた第4打席は、R・マルティネスの150キロ超の真っすぐに押し込まれ、3球三振を喫した。「悪くはないので、後ろ向きにならないようにやっていきます」。打率は・232に下がった。

 前日の柳と同様にコーナーを丁寧に突いてくる吉見に対し、打線全体も苦戦した。「相手ピッチャーに対して、こっちがちゃんとした攻撃ができなかったということ」と指揮官。交流戦の勝ち越しを懸けて、23日はドラフト1位・吉田輝(金足農)が先発登板する。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス