文字サイズ

巨人・原監督「ピッチャーとして戦う以前の問題」ボール先行の宮国、森福に苦言

 継投策が裏目に出てしまい逆転を許してしまった原監督(撮影・三好信也)
2枚

 「交流戦、巨人3-8ソフトバンク」(21日、東京ドーム)

 巨人は痛恨の逆転負け。交流戦の優勝へ崖っぷちに立たされた。 2点リードの六回、流れを失った。先発のメルセデスが上林にソロ被弾。さらに、連打で2死一、二塁とされたところで宮国をマウンドに送り込んだ。だが、右腕は松田宣にストレートの四球。2死満塁から、甲斐には意表を突かれるセーフティースクイズで追いつかれた。

 原監督はたまらず、3番手森福をマウンドへ。だが、左腕も2ボールとカウント不利な状況から代打・福田に甘く入ったスライダーを仕留められ、右翼席へ痛恨の満塁本塁打を浴びた。

 原監督は「1アウトを3人のピッチャーで抑えられなかったというところがね。こういう展開になったというところでしょうね」と振り返り、ボール先行で苦しい投球になった宮国、森福については「ストライクを取ることに一生懸命になっちゃうというのは、ピッチャーとして、戦う以前の問題だよね」と苦言を呈した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス