文字サイズ

ヤクルト、交流戦の勝ち越し消滅 小川監督「全力でやるしかない」

 5回、投手交代を告げ、ベンチに戻るヤクルト・小川監督(右)=神宮
1枚拡大

 「交流戦、ヤクルト5-6ソフトバンク」(20日、神宮球場)

 ヤクルトが競り負け、今季交流戦の勝ち越しがなくなった。

 1点を追う二回は村上の2ランで逆転。2点を追う五回は山田哲の2ランで追いついた。さらに2点を追う展開となった七回にも山田哲のソロで食らいついたが、反撃も及ばなかった。

 投げては、今季初先発の山田大が五回途中2失点と粘りの投球。しかし、後を受けた2番手の梅野が4連打を浴びて逆転を許すと、一度は同点とした直後の六回には、4番手の近藤が内川に勝ち越し2ランを被弾した。

 小川淳司監督は、打線の粘りは評価しつつ「ホームランだけになっちゃったのでね。何とかつないでいけたらよかったけど」と好機にたたみかけられない現状に厳しい表情。連打を許した五回の継投には「ランナーを置いて出ていくのは大変。(梅野は回の)頭からの方がよかったかな。そういうところが、こういう結果につながった」と責任を負った。

 カード勝ち越しは、5月10~12日の巨人戦以来なし。指揮官は「交流戦も1カードと(雨天順延の)1試合。1試合1試合、全力でやるしかないです」と気力を奮い立たせた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス