文字サイズ

オリックス・西村監督、好投のK-鈴木に「申し訳ないことをした」

 力投するオリックス先発・K-鈴木
8回、好投のK-鈴木から近藤大亮に交代するも裏目になったオリックス・西村徳文監督=東京ドーム(撮影・三好信也)
2枚2枚

 「交流戦、巨人4-2オリックス」(20日、東京ドーム)

 オリックス・西村徳文監督は八回2死まで投げた先発のK-鈴木について「あそこまでよく投げてくれた。申し訳ないことをしてしまった。(前打席で)丸にホームランを打たれていたから近藤に託した。いかせた自分の責任なんで申し訳ない」と、指揮官自ら責任を負った。

 八回2死一、二塁の場面では、近藤が丸に対して2ストライクと追い込んでから、高めに外す球がストライクゾーンに入ってしまった。これに対しても「使った自分の責任です」と選手を責めることはなかった。

 近藤は「ちょっと甘かった。ツメが甘かったですね。結果がすべての世界ですから打たれたらボクが悪い」とこちらも自分を責めた。

 これで交流戦は7勝6敗1分けとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス