文字サイズ

中日・大野雄、終盤に崩れる…5失点で九回途中に降板

 「交流戦、中日2-5西武」(19日、ナゴヤドーム) 

 五回途中まで無安打と好投した中日の大野雄は終盤に崩れ、5失点で九回途中に降板した。

 中村一人に4打点を献上し、ベンチでは放心状態。「次は(九回)あのような場面を乗り越えられるように頑張りたい」と話した。それでも視察した侍ジャパンの稲葉監督は「候補選手の一人でもある」と評価した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス