文字サイズ

東邦・石川 150メートル弾バックスクリーン軽々超え 春夏連覇へ「自信になる」

 推定150メートル弾を放った東邦・石川
1枚拡大

 「練習試合、智弁和歌山7ー6東邦」(16日、大阪ガス今津総合グラウンド)

 東邦・石川昂弥投手(3年)が16日、西宮市内の大阪ガス今津総合グラウンドでの智弁和歌山との練習試合で、バックスクリーン越えの推定150メートル弾を放った。自身通算53本目に「気持ち良かったです。何となく分かったというかつかんだというか、いい感覚は残りました」と笑顔を見せた。

 2試合行われた中、「3番・投手」で出場した2戦目の4打席目だ。七回2死から快音を響かせると、ライナー性の打球は、中堅フェンスまで120メートルで高さ10メートルのバックスクリーンを軽々と越えた。隣接する陸上トラックへの着弾を見た球場関係者が「150メートルぐらい飛んだんじゃないですか。こんなに飛ぶのは見たことがないです」と目を丸くした。

 前日の愛知大会の抽選会で、30日に天白と初戦を戦うことが決定。平成最後のセンバツ王者として令和最初の大会で優勝を目指す夏。投げては7回を自責4で「いい一発が出て良かったです。智弁和歌山と打ち合いをできたことは自信になると思います」と手応えの残る一日となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス