文字サイズ

ヤクルト・小川監督「負けるべくして負けている」投打かみ合わず…

 「交流戦、西武10-6ヤクルト」(16日、メットライフドーム)

 ヤクルトは敗れ、連勝を逃した。

 初回に山田哲の先頭打者本塁打で幸先よく先制。しかし、先発の高橋が三回に2死からの連続四球でピンチを迎えると、源田の適時二塁打で同点に。四回は森の適時二塁打とメヒアの4号2ランで3点を勝ち越され、五回にはまたも連続四球で出た走者を犠飛で返されるなど、この回途中で6失点KO。3失策の守りの乱れも絡み、リリーフ陣も失点を重ねた。

 7点を追う九回に村上が中越え2ランを放つと、ドラフト2位・中山(法大)も代打でプロ初本塁打となる左越えソロ。3点を返したが及ばなかった。

 「中盤の失点は、四球からと(五回は)ノーヒットで3点。負けるべくして負けているゲーム」と小川淳司監督。二回の攻撃では、無死満塁で得点を奪えなかったこともあり「こういう試合をやっていたら、なかなか連勝はできない」と厳しい表情だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス