文字サイズ

オリ最大5点のリード守れず延長へ 守護神増井が大乱調

9回同点に追いつかれ、降板する増井にベンチのオリックス・西村徳文監督(左)はぶ然とした表情を見せる=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
1枚拡大

 「交流戦、オリックス-阪神」(16日、京セラドーム大阪)

 最大5点のリードを奪っていたオリックスが土壇場の九回に同点に追いつかれ、延長に持ち込まれた。

 守護神が2点のリードを守り切れなかった。九回に登板した増井が大乱調。2四球で1死一、二塁とピンチを招くと、2死から代打福留に中堅フェンス直撃の痛烈な2点二塁打を浴びて、同点に追いつかれた。増井は2/3回1安打3四球2失点。

 先発の田嶋は6回0/3を1安打2四球2失点。六回まで許した走者は四球のみ、ノーヒットノーランの期待を抱かせる見事な投球だった。七回に初安打を許すと四球を与えて降板。続くディクソンが走者を返し、この回3点を奪われた。

 田嶋は「最後のイニングは前回登板と同じようにランナーを残してマウンドを降りてしまったのでリリーフ陣に申し訳ないですし、悔しい終わり方になってしまいました」と反省の言葉を並べた。「全体的には四球も少なく、打たせて取ることができましたし、リズムよく投げることができたと思います」と手応えも口にした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス