文字サイズ

ドラ1候補の星稜・奥川、驚異の12奪三振 MAX149キロ

12奪三振の力投を見せた星稜の奥川恭伸投手=愛知・愛工大名電高グラウンド
1枚拡大

 「練習試合、愛工大名電4-1星稜」(16日、愛工大名電グラウンド)

 今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川恭伸投手(3年)が、愛工大名電との練習試合に先発し、6回8安打2失点。夏に向け練習も佳境を迎えているため多少の疲労もあったが、この日は最速149キロを連発し、驚異の12奪三振。仕上がりの良さを見せた。

 「あまり良くない中でも、掴めた部分もあった」と直球でファールを重ね、追い込んでからの変化球で三振を量産。

 「ランナーを背負った時こそ丁寧に投げるべき。夏を見据えて調整していきたいです」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス