文字サイズ

ヤクルト・高橋、五回途中6失点KO「細かいところのミス」

 「交流戦、西武-ヤクルト」(16日、メットライフドーム)

 ヤクルト先発の高橋奎二投手は、五回途中5安打6失点でKOされた。

 二回までは順調な滑り出しを見せたが、1点リードの三回2死から金子侑、秋山に連続四球を与えると、源田に左中間への適時二塁打を浴びて同点に。四回は森に適時二塁打、メヒアに左越え2ランを浴びて勝ち越されると、五回にも四球と自らのけん制悪送球でピンチを招き、源田に中犠飛を打たれたところで降板を告げられた。

 今季8度目の先発でも初勝利はならず。課題の中盤にまたしても捕まり「調子自体は悪くなかったのですが、追い込んでから決めきれなかったり、けん制の暴投など、細かいところのミスがあり、試合を作ることができませんでした」と反省した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス