文字サイズ

ヤクルトが序盤でリード 山崎が先制打、バレンティンも「大振りせず」2点打

 2回ヤクルト2死一塁、山崎が右中間に先制二塁打を放つ=メットライフドーム
1枚拡大

 「交流戦、西武-ヤクルト」(15日、メットライフドーム)

 ヤクルトが序盤に先行した。

 まずは二回2死一塁から、山崎が右中間への適時二塁打。「打ったのはカットボール。後ろにつなぐ気持ちでコンパクトに打ちました。(一走の)中村さんがしっかり走ってくれました」と振り返る一打で先制した。

 さらに、三回には山田哲、青木の連打で好機を作り、1死二、三塁からバレンティンが左前への2点適時打。「打ったのはスライダー。大振りせず、チームバッティングを心掛けた」と4番の役目を果たして西武先発の本田から3点目を奪い、リードを広げた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス