文字サイズ

日本ハム・金子弌大が三回途中6失点でKO「申し訳ないです」

3回途中で降板する日本ハム・金子弌大(右)=札幌ドーム(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「交流戦、日本ハム-巨人」(15日、札幌ドーム)

 日本ハムの先発・金子弌大投手が三回途中でKOされた。2回1/3を被安打7で6失点。球数は85球だった。

 初回は1死二塁から3者連続四球で押し出し。さらに、満塁で阿部に2点適時打を許した。

 二回には丸の10号2ランを被弾。三回も先頭の若林を安打で出すと、二盗を経て小林の中前適時打で失点。金子は3回もたずの苦しい内容で降板し、吉田侑が2番手として登板した。

 降板後、チームを通じ「チームがいい流れで来ている中で、このような投球をしてしまって申し訳ないです」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス