文字サイズ

日本ハム吉田輝星プロ初勝利「やってきたことを全部出そうと」【お立ち台】

ウイニングボールをかむしぐさをする日本ハム・吉田輝星=札幌ドーム(撮影・出月俊成)
3枚

 「交流戦、日本ハム2-1広島」(12日、札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=がプロ初登板初先発で、5回を4安打1失点。デビュー戦をプロ初勝利で飾った。高卒新人の初登板初勝利は2015年の楽天・安楽智大以来、19人目。

 お立ち台のやり取りは以下の通り。

 -ナイスピッチングでした。

 「ありがとうございます」

 -本拠地札幌ドームでの登板。きょう初めてかなえて、初めて白星もつかんだ。まず今の感想は。

 「率直に、うれしいです」

 -札幌ドームでのお立ち台。立った感想はどうか。

 「本当に自分だけの力じゃ勝てなかったのに、自分が立たせてもらって、すごいうれしいです」

 -たくさんのファンの声援は聞こえていたか。

 「すごい応援の声がたくさん聞こえてきたので、すごい力になりました」

 -1軍デビュー登板が決まって、どういうふうにこの日を迎えたか。

 「いつも以上にしっかりこの日に向けて準備をして、あとは試合に入ったら平常心で。自分のやってきたことを全部出そうと思ってました」

 -マウンドに上がっての感触、景色、どう感じていたか。

 「やっぱ1軍のマウンドは違うな、と思いながらも、初回と二回はギリギリ抑えられたので、すごい楽しみながらマウンドに上がれたと思います」

 -先頭長野にヒットを打たれて始まって、満塁のピンチもあった。その後、2人を抑えた。特に西川にはすべてストレートで三振。

 「あのときはやっぱり、もうストレートで押していって、打たれたらそこまで、しようがないっていう気持ちだったので。あそこでしっかり打ち取れてよかったです」

 -先輩野手陣の援護点もあった。

 「ほんと、初回から取ってもらって。同点に追い付かれた次の回にしっかり取ってもらったんで、すごい投げやすかったです」

 -1点リードのまま、三回は3、4、5番を三者凡退。

 「あそこがやっぱ一番、気持ちを入れて頑張りました」

 -六回以降、先輩ブルペン陣が頑張ってくれた。

 「ヒットも全然打たれずに完璧に抑えてくれたんで、やっぱりすごいなと思いました」

 -九回を終わって、プロ入り初勝利が決まった瞬間は。

 「あんまり実感はなかったんですけど、勝てたということにすごい喜びを感じて、やっぱ、うれしかったです」

 -持ち味はストレート。どうだったか。

 「きょうはしっかり力が抜けていいボールがいってたんで。空振りとかファウルもしっかり取れたので。きょうのボールはよかったと思います」

 ウイニングボールは。

 「もらいました」

 -見せてもらえますか(ファンから拍手)

 -あらためて持ってみてどうか。

 「本当に大切な1球になりました」

 -このボールはどうするのか。

 「両親にプレゼントしたいと思います」

 -両親にメッセージを。

 「本当に今まで、自分、ここまで来られたのも両親おかげだと思っているので。やっと1軍の舞台に立てたので、これからもしっかり今までいろいろやってきてもらった分、返せるように頑張っていきたいと思います」

 -チームは2連勝。5カード連続で勝ち越しを決めた。

 「ファンの皆さまの期待に応えられるように、全力でゲームをしていきたいと思っています」

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス