文字サイズ

星稜・林監督が処分解除で復帰「言動、行動すべて反省」学校は習志野にも連絡

 練習前に円陣で選手に声をかける林監督(撮影・道辻歩)
 指導を再開し、選手にノックをする星稜の林和成監督
2枚2枚

 指導禁止処分を受けていた星稜・林和成監督(43)が5日、金沢市内の同校グラウンドで監督業務に復帰した。会見で「言動、行動に関してはすべて反省するところがあります。一連のことが不適切だったという自覚はあります」と反省した。

 林監督は3月28日のセンバツ2回戦・習志野戦での敗戦後、サイン盗みを疑い、控室に直接抗議。その後、無断で週刊誌の取材に応じたことなどを学校側が問題視し、6月4日までの指導禁止処分を科していた。学校側は処分解除に伴い、習志野側にも連絡を入れたという。

 チームは、山下智将部長が代行で指揮を執った中で北信越大会で優勝。林監督は「今日からそのバトンを受け取って落とさないよう、残り40日の夏の大会までしっかりやれれば」と話し、練習ではノックなどで精力的に指導にあたった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス