文字サイズ

オリックス・田嶋が六回途中無失点の好投 86球で降板

6回、四球を与え、降板する田嶋は帽子を取ってスタンドのファンに一礼(撮影・坂部計介)
2枚

 「交流戦、オリックス-DeNA」(5日、京セラドーム大阪)

 オリックス先発・田嶋が5回0/3を4安打無失点。左肘痛の影響で、2018年6月24日のソフトバンク戦以来、346日ぶりに上がった1軍マウンドでリードを守った状況で降板となった。

 初回は難なく打者3人で料理。三回には1死一、二塁のピンチを招くも宮崎を遊ゴロ併殺に打ち取り得点を許さなかった。直球を軸にスライダー、チェンジアップなどをちりばめながら相手打線を寸断。六回先頭の神里に四球を与えた所で交代となった。

 丁寧に投げ込んだ、この日の86球。田嶋の1軍での最後の白星は昨年6月17日のDeNA戦。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス