文字サイズ

星稜・奥川9回11K完全復活 4連覇に貢献

 「春季高校野球北信越大会・決勝、星稜3-1敦賀気比」(4日、富山アルペンスタジアム) 

 今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川恭伸投手(3年)が4日、北信越大会決勝の敦賀気比戦に先発。最速150キロの直球に変化球を織り交ぜ、9回7安打1失点11奪三振の完投勝利で、春の北信越大会4連覇に貢献し、完全復活を示した。

 「9回投げ切れると最初は思ってなかったんですけど、9回投げ切れて、完全に復活できたかなと思います」

 エースの意地を見せた。完投だけでなく、先制打を許した敦賀気比の4番・木下元秀外野手(3年)に対し、その後の2度の対戦でいずれも三振を奪って「倍返し」に成功。「(先制打が)悔しかったので絶対に抑えてやろうと。倍にして返してやろうと思ってました」と笑顔を見せた。

 4月中旬に右肩に違和感を覚え、5月25日に実戦復帰。「もっとレベルアップして(夏の)大会に入りたいと思います」。指導禁止処分を科されていた林和成監督(43)の謹慎処分が、この北信越大会で終了し、5日から指導再開が可能となる。復活のエースを中心に、夏に向けて加速していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス